ファミリークリニック千歳烏山TOP < 整形外科 < 首の痛み

禁煙外来

Q&A

喫煙者はすべてニコチン依存症なのですか?
いいえ、ニコチン依存症ではない喫煙者もいます。
例えば、タバコを吸い始めたばかりの人や、たまにしか吸わない人では、ニコチン依存症の可能性は低いと考えられます。
TDSというテストで、ニコチン依存症のチェックをすることができます
最終的なニコチン依存症の診断は医師が行います。
禁煙治療は健康保険等が使えるのですか?

下記の要件を全て満たす方は、禁煙治療を健康保険等で受けることができます。

  • ニコチン依存症を判定するテスト(TDS)で5点以上
  • [1日の喫煙本数×喫煙年数]が200以上
  • 1ヵ月以内に禁煙を始めたいと思っている
  • 禁煙治療を受けることに文書で同意(サインなど)

要件を全て満たさなくても、自由診療で禁煙治療を受けられます。

以前、健康保険等で禁煙治療を受けても禁煙できなかったのですが、また健康保険等は使えますか?
禁煙治療1回目の診察日から1年以上経過していれば、健康保険等を使って再び禁煙治療を受けられます。
1年経過しないうちに、再び禁煙治療を受ける場合は、自由診療となります。
途中で禁煙できても12週間医療機関へ通わなければなりませんか?
健康保険等を使った禁煙治療では、12週にわたり計5回の診察を受けます。
途中で医療機関に通うのをやめてしまった人より、禁煙治療を5回全て受けた人の方が禁煙を続けている割合が
高いとの調査結果があります。
禁煙を長く続けるなら、「1人でも禁煙を続けられる」と考えて、医師に相談なく治療を中断するのは避けた方がよいでしょう。
アレルギー科TOPへ
ファミリークリニック千歳烏山TOPコンセプトクリニック案内ドクター紹介診療時間・アクセス内科糖尿病高脂血症
整形外科禁煙外来皮膚科各種健康診断漢方療法花粉症対策ピロリ菌測定プライバシーポリシー