ファミリークリニック千歳烏山TOP < ピロリ菌測定

ピロリ菌測定(呼気中CO2検査)

ピロリ菌は胃の粘膜に生息している棍棒状の細菌で、長い毛を持っています。
感染経路は、口を介した感染(経口感染)であろうと考えられています。
感染時期は、胃粘膜の働きがまだ不十分な幼小児期(特に2歳まで)に、保護者から感染して住み着くとか、井戸水を介して感染するとか、保育施設等で感染するとか報告されています。
成人してからの感染もありますが、頻度は低いようです。
ピロリ菌に感染すると、萎縮性胃炎、胃・十二指腸潰瘍等にかかりやすくなります。
最近では、胃癌の発生にも強く関与しているとの報告も増えてきていますので、当院では、ピロリ菌陽性の方には、積極的に除菌することを勧めています。
しかし、ピロリ菌陰性でも、ストレス性の胃・十二指腸潰瘍になることもありますし、胃癌に罹患することも少数ですがありますので、陰性でも注意は必要です。

  1. 迅速ウレアーぜ試験(内視鏡時に粘膜を生検し、その場で判定)
  2. ピロリ菌抗体測定法(血中・尿中の抗体価を測る)
  3. 尿素呼気試験(試薬を飲む前後の呼気を測定)
  4. 便中ヘリコバクターピロリ抗原検査(自宅で便を採り提出)

があり、当院では主に(3)を、簡便で正確なので用いています。

ピロリ菌の除菌療法は、抗生剤2種類と制酸剤1種類(計3種類)を7日間内服し、制酸剤を12週間内服します。
除菌療法の副作用は、下痢や肝機能障害がありますが、軽い場合が大半です。

ヨーグルトで「ピロリ菌に効果がある」と宣伝されているものがありますが、除菌効果はなく、抑制できるといった程度ですので、過信しないで下さい。 以下は当院でのピロリ菌陽性率と除菌成績です。

年齢別のピロリ菌検査数と陽性率

年齢別のピロリ菌検査数と陽性率

50歳以上では陽性率は60%前後と、従来から言われているように、70、80%といった高率ではありませんでした。
拡大内視鏡検査を行って、その所見からピロリ菌が明らかにいないと診断した場合には(そういった所見は特に40歳以下に多いのですが)、尿素呼気試験は行わない場合がありますので、本当の陽性率は更に低いと考えられます。
20歳代では20%ですが、20年後に40%になるのか、そのまま20%のままなのかが注目されます。
私はこのままの陽性率で推移していくのではないかと考えています。
その場合、将来的に、胃癌は減少し、食道胃接合部癌・バレット食道癌が増加していく可能性があります。
内視鏡医は、そういった癌を見落とさないことが大切です。
バリウム検診でも同様の注意が必要ですが、バリウムでは精度の高い検査は余り期待できません。

ピロリ菌検査の手順

当院では「尿素呼気試験法」(U-Bit)をもちいたピロリ菌検査をおこなっています。
ピロリ菌は胃酸から身を守るために「ウレアーゼ」という酵素を分泌して胃の中の尿素を二酸化炭素とアンモニアに分解し、自身の周囲の胃酸を中和する性質を持っています。
この性質を利用した検査方法で、簡単で苦痛もなく、約30分と短時間ですみ、しかも精度が高い方法です。

全体の検診時間は約30分です。
検査結果は3〜4日後に出ます。

整形外科TOPへ
ファミリークリニック千歳烏山TOPコンセプトクリニック案内ドクター紹介診療時間・アクセス内科糖尿病高脂血症内視鏡検査
整形外科禁煙外来皮膚科乳腺外来各種健康診断漢方療法花粉症対策ピロリ菌測定プライバシーポリシー