ファミリークリニック千歳烏山TOP < 糖尿病

糖尿病

糖尿病とは

糖尿病とは糖尿病かどうかは、慢性的に高血糖状態にあるかどうかを、 血糖検査で確認することで診断されます。
血糖値は食前か食後か、ストレスのある状況か否か などによって絶えず変化しています。
このため一回の検査でははっきりと診断できないこともあります。
糖尿病の特徴的な症状(のどの渇きや多飲・多尿、体重減少など)があったり、 ヘモグロビンA1C(「治療の成績を知る指標」の項参照)が 6.2パーセント以上の場合や 網膜症が起きている場合は、糖尿病と診断されます。

■ 「糖尿病型」と判定される検査結果

  1. 随時血糖値が 200mg/dL 以上
  2. 空腹時血糖値が 126mg/dL 以上
  3. 75g ブドウ糖負荷試験※で2時間値が 200mg/dL 以上

糖尿病の症状

糖尿病の症状は気付きにくく、多少血糖値が高いくらいでは全く症状のない人がほとんどです。
しかし、その程度の高血糖でも合併症は着実に発症・進行していきます。
「症状がないから大丈夫」なのではなく、症状があれば血糖値はかなり高くなっているということです。

高血糖がひどくなると初めて、

  • のどが渇く
  • お小水が多い
  • トイレが近くなる
  • 体がかゆい
  • できものができやすい
  • 傷が治りにくい
  • 足がつる
  • だるい
  • 疲れやすい
  • 物覚えが悪い
  • 集中しない
  • 眠い
  • お腹がすく
  • 食べてもやせる
糖尿病の症状

といった症状が現れてきます。
さらに、血糖値がきわめて高い状態では、昏睡に陥ることがあります。

糖尿病TOPへ
糖尿病の治療法

糖尿病の治療は、合併症の発症・進行を予防するために高血糖を是正すること、つまり血糖コントロールがすべての基本となります。
血糖コントロールの手段は、食事療法、運動療法、薬物療法の三つが柱となります。

■ 食事療法

糖尿病なら、食事療法は絶対に必要です。
食事で余分なエネルギーをとってしまうと、それを処理するのは大変だからです。
適切なエネルギー摂取量に抑えるほうが、血糖コントロールを より楽に行えます。
実際、食事が乱れていれば、ほかの治療法の効果はあまり反映されません。
その意味でも、食事療法は糖尿病治療の根幹となる治療法です。
2型糖尿病の場合、厳格に食事療法を守るのであれば、7割以上の患者さんがそれだけでコントロールが可能です。

運動療法■ 運動療法

運動で体内に余分に溜まったエネルギーを消費すると 血糖値は下がります。 また、インスリンの細胞レベルでの働きが高まり(インスリン感受性が高くなり)、血糖コントロールがしやすくなります。
さらに、血行がよくなる、ストレスが解消される、皮下脂肪が減る、骨格筋が増える、生活の活動度が高まるなど、多くの効果を得られます。
運度の種類は、日常できるものならどんな運動でもかまいませんが、できるだけ全身を動かすものが勧められます。
それまであまり運動をしていなかった場合には、次第に強い運動に移るようにしましょう。週末だけに集中して運動するといった方法よりも、できれば毎日行できる運動を選びましょう。
それには「歩くこと」が最も勧められます。

薬物療法■ 薬物療法

食事療法と運動療法だけではコントロールがうまくできない時、薬物療法を追加します。
経口血糖降下薬(飲み薬)を用いる内服療法と、インスリンを注射で補充するインスリン療法との、二つがあります。
経口血糖降下薬は膵臓からのインスリン分泌を増やしたり、細胞のインスリン感受性を高めて血糖値を下げます。
インスリン療法は直接体外から補充したインスリンが、血糖降下を助けます。
どちらの薬物療法をいつから始めるかは、患者さんそれぞれの糖尿病のタイプや病状、合併症の進行具合など、さなざまな要因を総合して決められます。

糖尿病TOPへ
糖尿病検査

糖尿病検査当院で糖尿病の検査を行っております。
糖尿病の検査は主に採血検査と尿検査になり、結果は採血の翌日(翌日が休診の場合を除く)
検査の日の午前中は食事を抜いて検査を受けましょう。

  1. 採血及び尿検査を行います。
         
  2. 2回目のご来院時に医師より結果の報告を行います。

    糖尿病検査
糖尿病TOPへ
ファミリークリニック千歳烏山TOPコンセプトクリニック案内ドクター紹介診療時間・アクセス内科糖尿病高脂血症内視鏡検査
整形外科禁煙外来皮膚科乳腺外来各種健康診断漢方療法花粉症対策ピロリ菌測定プライバシーポリシー