ファミリークリニック千歳烏山TOP < 漢方療法

漢方療法

西洋医学も漢方も、それぞれ得意・不得意があります。
急性で重症の感染症や、悪性腫瘍のように切除や患部に集中的に作用する薬を必要とする病気は、西洋医学が一番適しています。

一方、アレルギーなどの体質的なものや、病後や高齢者の基礎体力の低下による肉体、精神的な症状には、乱れたからだのバランスを回復させる漢方薬の効果が期待されます。
更年期や月経に伴っておきやすい女性特有の諸症状は、からだの一部分を切り取ったり、注射1本ですっきり治る、というものではありません。
それよりも、体全体のバランスを整える漢方治療が得意とする分野です。

漢方薬とは、本来、漢方医学に使用される薬のことで、天然物である生薬(薬草の根や茎、葉などの有用部分を乾燥させたものや動物由来のもの、鉱物など)を原則として、二種類以上組み合わせた薬です。
漢方薬も現在、基礎・臨床研究が進み、科学的な解明がなされつつあります。

剤型としては、「湯剤」「散剤」「丸剤」「エキス剤」などの製剤があります。
昭和51年に医療用漢方エキス製剤が健康保険に収載されて以来、煎じる手間がはぶけ手軽に携帯できる漢方製剤として全国の大学病院をはじめ多くの医療機関で使用されています。

漢方薬は副作用がない、とよく言われますが、これは間違いです。
証に合わない強い薬を使ったり、大量に使いすぎると、色々な症状が起きてしまいます。
漢方薬も薬です。
飲み過ぎない、医師や薬剤師の指示を守る、といった、西洋薬と同じ注意深さで接する必要があります。

これとは別に、漢方薬の効き目が現れ始めるときに「瞑眩」といって一時的に症状が悪化することがあります。
これはこれまでの固定されていた症状が治る過程におこるもので、薬が効いてくる兆候ですが、一般の人には副作用との見極めがつきにくいので、普段と違う症状が現れたら、必ず主治医の診察を受けましょう。

未病と予防養生について

こんな経験ありませんか?

私たちはこのような状態を「未病」と呼んでいます。
漢方医学が治療の対象とするものにいわゆる「未病」というものがあります。
これはまだ病気にはなっていない状態であるけれども、何らかの継続した自覚症状がある状態のことを示すものです。
現代人はよく「半健康人」と言われますが、まさにこれが「未病」状態に相当すると言えるでしょう。「未病」とは、病気の状態に近づいているひとつの過程で、体が発している警告です。
血液やレントゲン等の検査では異常が表れにくくまた様々な自覚症状を特徴としているため、治療されないで未病状態を如何に早めに察知し、お手当てしていくことができるかが、東洋医学治療の一つの重要なポイントとなります。
そこで、当クリニックでは、疾病の治療と同時に「予防養生」、つまり「疾病の予防」さらに「健康の増進・維持」に漢方の治療を広く取り入れ実際に効果 を上げています。

例えば、人は病気にならなければ十分満足でしょうか?プラスアルファが欲しいのが人の願望です。
例えば美容やダイエットの分野。
女性はいつまでも美しくありたいというのが共通 した願いでもありますが、やはり加齢などにより目に見える部分での変化―お肌の変化―などが気になるところです。
漢方医学では皮膚の状態を内臓の状態の変化として考えます。
皮膚のしわは一種の内臓のエネルギー不足と考えるのです。
しわを作らないためには内臓のエネルギーが必要です。
ですから、加齢などによる身体全体の症状と同じように漢方を服用することにより、体に不足しているエネルギーを補い、内臓の状態を整えることにより、お肌を美しく保つことが可能です。
つまり、体の内面 から整えて若さを取り戻す方法と言えます。
また、肥満は体内に一種のエネルギーが過剰に溜まった状態だと考えます。
従って漢方医学が行うダイエットでも、体に不必要な、余分に溜まったエネルギーを取り除く方法を用います。
中国でも「減肥」といって漢方薬やお茶などを服用することによって日常的なダイエットを行っています。
また、近年男性の更年期障害として精力の減退等が、特に若年化しつつあるという傾向があります。
蓄積される疲労や慢性的ストレスなど環境要因の悪化に伴い、体全体の諸機能の衰えが考えられます。
漢方医学では体全体の諸機能のおおもとを「元気」(元気な子供の「元気」とは違う)と言う概念でとらえています。
漢方では身体のエネルギーのおおもとである「元気」を補うことで本来の精力を取り戻すことが出きるのです。
身体の内面 を健康にすることで肌が美しくなったり、肥満を解消したりできますが、逆に肌をきれいにしたい、痩せたい、精力をつけたいと言った時にどの臓器に問題があり、どんな不足があるのかを把握し、そこに「元気」を補うのが漢方医学なのです。

このように、漢方では単に、「美しくなる」「痩せる」などの効果 だけを期待して治療するのではなく、患者さん個人個人の体質、症状に合わせて漢方薬を処方することにより内臓の機能を高め、体全体を調節して病気になりにくい状態を作り上げていくことで、結果 として美容やダイエットにも効果があるということができると思います。
このようにして健康プラスアルファの状態をつくりあげることができます。
漢方は皆様の健康と健やかな毎日に貢献できると考えております。

漢方療法TOPへ
ファミリークリニック千歳烏山TOPコンセプトクリニック案内ドクター紹介診療時間・アクセス内科糖尿病高脂血症
整形外科禁煙外来皮膚科乳腺外来各種健康診断漢方療法花粉症対策ピロリ菌測定プライバシーポリシー