ファミリークリニック千歳烏山TOP < etc

内視鏡検査(胃カメラ)

内視鏡検査とは

内視鏡検査食道、胃、十二指腸疾患の内視鏡による診断。
主として、胃炎や胃潰瘍の診断、胃癌の精密検査などを行います。
胃癌検診で異常が疑われた方の精査を行います。

内視鏡検査を受けるのはどういう時?

上部消化管内視鏡は、食道、胃、十二指腸の病気が疑われるような場合、あるいは、胃癌の検診のために、行われています。
直接、食道、胃、十二指腸の内腔を観察し、必要なら病気の部位の組織採取もできるため、診断上きわめて有用です。
この検査で診断される病気としては、食道炎、食道癌、胃炎、胃潰瘍、胃ポリープ、胃癌、十二指腸潰瘍などがあります。

内視鏡検査の流れ

検査前 医師の説明があります。◆ 検査前

ご来院時に、診察を行い、内視鏡の予約をお取り下さい。
その際に、医師より使用する薬剤や注意点の説明があります。

検査前にお渡しするもの

◆ 検査前日

検査前日は正しい診断のため、以下の事をお守りください。

◆ 検査当日

内視鏡検査 イメージ

ご自宅での注意事項

  1. 麻酔液を口に含み、のどの麻酔を行います。
      
  2. 鎮静法をご希望の方は点滴をうちます。
      
  3. 診察台に横になり、内視鏡検査。
      
  4. 鎮静法を行った方は、1〜2時間程安静にしていただきます。

◆ 検査後

検査を受けられた方お一人お一人に合わせて医師・看護師より当日以降の生活・食事指導をさせていただきます。

Q&A

胃癌検診ではレントゲン検査と胃カメラ(胃内視鏡検査)のどちらがよいのでしょうか ?

レントゲンと内視鏡の長所・短所をまとめると、下のようになります。
それぞれ、長所があり、胃のレントゲン検査も有用なことが多いため、胃を切除する手術を受けるようなときには、両方の検査が必要になります。
しかし、小さな病変を内視鏡で治療するときなどでは、省略されることも多くなりました。

レントゲン 長所 バリウムを飲用してレントゲン撮影する方法は、誰もが受けやすい検査である
胃の全体像や病変の大きさ、位置関係がわかりやすい
短所 診断確定には内視鏡検査が必要である
レントゲンの被爆がある
便秘がちの方はバリウムが排出しにくくなることがあり、下剤が必要となる
内視鏡 長所 病変の組織採取ができるため、診断確定につながる
レントゲン被爆がない
治療的な処置もできる
比較的小さな病変や色調の変化を見分けることが可能で、診断能に優れている
短所 内視鏡をのみ込むことに抵抗感や苦痛を訴えられる場合がある(個人差あり)
このため、検査の苦痛を取り除く鎮静剤が必要となることがある
内視鏡検査TOPへ
ファミリークリニック千歳烏山TOPコンセプトクリニック案内ドクター紹介診療時間・アクセス内科糖尿病高脂血症内視鏡検査
整形外科禁煙外来皮膚科乳腺外来各種健康診断漢方療法花粉症対策ピロリ菌測定プライバシーポリシー